参列者が祭壇に供える献花について

PR | 使いやすいレンタルベッドはこちら
献花は、参列者が祭壇に供える花で、キリスト教の葬儀ではお焼香の代わりになるものです。台に並べられた花を1本ずつとって、祭壇の上に置いていきます。仏式では、親族などが最後のお別れのときに、棺に納められた遺体の顔の周りなどに花を添えることがあります。また、無宗教の葬儀では行われることが多く、近年では増えています。
献花で用いられる花は、白いカーネーションや白い菊が一般的で、どちらも一輪咲きで茎がしっかりしており、持ちやすい長さということから重宝されているのでしょう。でも、この花以外に、故人の好きだった花などでも構いません。
献花を葬儀会場に持参する人がいますが、これは葬儀会場や親族に迷惑をかけてしまいますので、持ち込まないようにしましょう。
葬儀は厳粛な場であり、また真心の表れでもあります。そのため、様々なルールが存在し、式の円滑化と遺族への配慮を促しているのです。これらを把握することは、社会人として最低限のマナーといえます。
贈り物といえば花が一般的ですが、葬儀においては、いくつかのルールがあります。1つは、とくに本葬の場合は白か、それに近い花を選ぶということです。あまり派手な花は葬儀には合いませんし、トゲのついたものなども慎むべきです。また、散るという観点から、花そのものを忌避している宗派もありますので、事前にさりげなく確認しておくと安心です。逆に、故人が殊更好んでいたというのであれば、バラを贈るのもいい選択です。花に自分の気持ちを込めて、葬儀を成功させていきましょう。

<PR>超SEO対策 / 工務店向け集客ノウハウ / 生命保険の口コミ.COM / 生命保険の選び方 / 貯蓄 / アフィリエイト相互リンク / JALカード / GetMoney / クレジットカードの即日発行じゃけん / マッサージのリアル口コミ.com / 英語上達の秘訣 / 女性向けエステ.com / 住宅リフォーム総合情報 / 英語上達の秘訣 / SEOアクセスアップ相互リンク集